ノクソファームが敗血症性ショック治療の効用でビヨンダの特許を出願




シドニー–(BUSINESS WIRE)–(ビジネスワイヤ) — オーストラリアの臨床段階医薬品開発企業であるノクソファーム・リミテッド(ASX:NOX)は、COVID-19やインフルエンザウイルスなどの感染症に伴う敗血症性ショックの発症を予防するために使用できるよう、抗がん剤の治験薬であるビヨンダ(イドロノキシル)を保護する目的で、国際特許を出願したと発表しました。 敗血症性ショックは、世界全体で年間1000万人の死因になっていると推測されており、今回の世界的流行病でさらに約300万人が死亡すると予測されます。いわゆる「長く続くCOVID」症状(例:長期の疲労感、呼吸障害、頭痛)、重度の臓器障害(例:手足の切断、糖尿病、腎不全、心不全)、死亡はすべて、敗血症性ショックがもたらす結果です。 ビヨンダは、免疫刺激と抗炎症の作用に基づいた抗がん剤として開発中です。その抗炎症作用はSTINGと呼ばれるシグナル伝達経路を遮断することによるものです。STINGは通常、ウイルスに感染した肺などの損傷した組織を修復するための炎症反応を誘導します。一部には、STING反応が不適切に過剰となり、

Source link

Comments are closed.

This website uses cookies to improve your experience. We'll assume you're ok with this, but you can opt-out if you wish. Accept Read More

Privacy & Cookies Policy